iPhoneの音が鳴らない?スピーカー修理になる原因とは

音が鳴らない!?それ…水没かも

今や生活必需品となっているスマホ。その中でも特に使用者の多いのがiPhoneですよね。iPhoneも時代とともに進化を続けてきています。軽量化や小型化が進み、操作性も良く、カメラの画質も良い。さらには音質も上がっていますね。
そんな万能なiPhoneにも唯一の弱点があります。それが…水です。
最新のiPhone7なんかには防水機能が付いていますがそれでも生活防水なので、水にぼちゃんとつけてしまってはiPhoneは水没してしまいます。
意外に、一度水没したiPhoneは時間をおくと普通に使えたりするんですよね。でも、内部に侵入した水はどんどんiPhoneの内部を侵食していきます。
そんな時に一番多い症状がiPhoneの音が鳴らないことなんです!
水没する時に水が侵入しやすいのがスピーカーの穴なんですよね。だから、iPhoneから音が出ないなと思った時は真っ先に水没を疑ってみると良いでしょう!

水没かもしれないならまずデータのバックアップを!

iPhoneから音が鳴らない。もしかしたら水没かも…。そんな時にまずしなければいけないことは何でしょう? iPhoneを水没させてしまい正規店にて修理に出したそんな時、まずはじめにお店の方から聞かれることが「お客様データのバックアップはお済みでしょうか?」です。お店の方によると、iPhoneの内部に一度侵入した水分を完全に取り除くことは無理だとのこと。電源が入り通常通り動いたとしても内部の水分によっていつショートするかわからないのです。ショートしてしまえばデータを取り出すことは不可能!最悪の事態となってしまいます。 だからこそ、水没して電源が入っているうちに最優先でやるべきことはデータのバックアップです! 水没の場合、正規店にて準新品のiPhoneと即日交換していただけます。 iPhone共に大事な思い出を無くさないよう日常からこまめなバックアップを心がけましょう!