バキバキのガラス…そのままにしていませんか?

iPhoneのガラスは修理するべき

iPhoneは普段から出先に持ち歩く人が多い為に落としてしまったり、ぶつけてしまってガラスが破損してしまう事も珍しくありません。ガラスが破損した場合でも液晶に問題なければディスプレイはそのまま使えますし、動作に問題が発生しない事も多いのでそのまま使う人も多いです。
しかし破損した箇所を放置しておいてさらに破損が大きくなってからでは修理費用が高くなってしまう可能性もあるので、ガラスが破損した場合は早い段階で修理をした方が良いです。
iPhone購入時に保険に加入していても故障後しばらく放置していて後になって保険を使って修理しようとしても認められない事もあるので、ガラスが破損した時はすぐに対処するべきです。

防水機能が失われたり怪我をする事もある

iPhoneのガラス部分が何らかの原因で破損しても液晶にも動作にも特に影響がない事もあります。この場合はそのまま使っても問題がないように思えますが、ガラスが破損した事で機能が低下したり安全性問題が発生する事があります。
防水や防塵の機能がある機種だとしてもそれは故障がない場合に限るので、ガラスが割れた事で防水や防塵の機能が失われる可能性があるのです。そうなると本来なら故障しない程度の水分に触れただけでも動作などに影響する故障を引き起こす事があります。
またスマートフォンはディスプレイの部分をタッチして操作するので、ガラス部分が破損して割れた状態になっていると正しい使い方をしていても怪我をする可能性があるので修理をした方が安全です。